スタッフ紹介

白尾 尚美(NAOMI SHIRAO)
director・茶師

宮崎県宮崎市出身。1977年生まれ。

父は宮崎経済連茶業部に在籍しお茶の専門技術員を36年間勤め、母の実家は100年続くお茶農家という環境下に生まれ育ち、父が前職を退職し1997年に白玄堂を立ち上げる。私は大学で経営学を学びながら高校教諭かお茶の仕事のどちらかに悩んでいましたが、大学を卒業し農林水産省野菜茶業試験場茶業研修(静岡県)へ入り、日本茶の歴史や土壌や品種、病気や害虫、お茶の作り方に成分や効能などあらゆる日本茶の知識を2年間学び、同時に日本茶インストラクター試験にも合格しました。それからお茶に魅了されていくのですが、ある日お茶を飲むと喉を通らなくなり母の実家の茶農家に相談。すると農薬ではなく肥料の影響でお茶が喉を通らないことを指摘され、叔父が作る有機肥料を学び始めました。お茶は人と同じで身体に良いものを入れないと健康にならないが叔父の口癖。お茶の樹が健康になれば病気や害虫の被害もある程度抑えられる。できるだけ地球環境の事を考え土壌に優しく循環した有機茶の栽培が継続していく努力を続け、身体が喜ぶ飲み疲れない有機茶を世界中に提供したいと活動しています。また、お茶の魅力を伝える為に小学校から大学の教壇に立って教えたり、飲食店でもお茶の淹れ方や効能など積極的に有機茶の普及活動に勤めています。2014年日本茶カフェ「HAKUGENDO CHAYA」をオープンに携わる。

 



HIROSHI
代表(representative)

白玄堂の商品管理

全ての仕上げを担当

 



YUKI
総合職

白玄堂の業務を総合的に担当



トップへ戻る